NEWS

SDGsは我が家から。番の家のトイレ、改修工事中です

昨年秋、浄化槽を設置してもらいましたが、すぐ冬になっちゃって工事が延び延びになっていました。

しかし、この夏ついにトイレ(&排水)の改修工事が始まりました。

島牧って基本的にストレス少ないエリアだと思うのですが、正直、島牧にいるストレスの半分以上がトイレでした。

汲み取り式は利用も清掃も不快この上なく。

SDGsの1つでもある綺麗な水と清潔なトイレ。

本当に大事ですね。

確かに清潔なトイレは世界を平和にすると思う。

それがようやく工事開始。

完成が非常に楽しみです。

 

いうてもかなりお金かかるんですよ。

うちはトイレが1階と2階にあるので

配管設置とトイレ両方合わせて100万円以上かかります。

浄化槽設置に対して村からいくらか補助金は出ますが、それでもやっぱり経済的には厳しい。

ある意味投資だと思ってお金を注ぎ込みました。

 

初めは前にいた居住者の荷物を運び出し、

部屋の壁をペンキで塗り、

床を1×4材を使って上から打ち付けました。

照明も変えました。

昨年も新たに窓を作るなど少しずつですが手を加えて空間を作ってきました。

これは僕らだけじゃなく、本当に色々な方々の手を借りてやれたことです。

 

島牧に移住して以降、番の家には本当に多くの人たちが訪れてくれました。

今でも定期的にみんなのたまり場になっていることを嬉しく思います。

まだ工事は始まったばかりですが、10日ほどで終了予定。

今年の夏はぜひ番の家に遊びにきてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です