番の創る社会

番は、「OH! HAPPY DAY!」を謳歌する家族(コミュニティ・インフラ)を創ります。

 

Problem(問題):《生きにくい社会=UN HAPPY》

「人生のあらゆる問題は人間関係の問題である」というA.アドラーの言葉に代弁されるように
・漠然と自分のことがわからない
・結婚や夫婦関係パートナーシップで悩んでいる
・子育てが苦しい
・親子関係がうまくいかない
など人間関係の問題が、幸せを阻む『生きにくい社会』の根本原因だと私たちは考えています。

Solution(解決策):《自分の幸せに向き合う機会と仲間の創出》

番は、自分、夫婦、子どもと向き合い続ける楽しさや手応え、実践、経験、プロセスを発信します。人間関係の最も内側にあるのは自分自身です。まずは自分と向き合うことを提案し「自分も一緒に楽しみたい」と感じ行動する人を増やします。また、番を通して人と人とが繋がることで、1人では難しい過程をサポートするコミュニティを創造します。

Impact (社会への影響):《「OH! HAPPY DAY!」を謳歌する家族が、世界を平和にする》

まずは自分がとことん幸せであることに向き合い、自分を信頼する。その上で、夫婦や子ども、この価値観を共有する仲間たちと共に歩んでいく。そこには「OH! HAPPY DAY!」を謳歌する家族による、コミュニティが創られていきます。この「自己犠牲でなく、自己信頼の上に成り立つ人間関係」という価値観は、生きにくい社会で苦しむ多く人を救い、世界を平和にしていくと信じています。番は、このようなコミュニティを近未来における日本、ひいては世界中で必要不可欠なインフラとして創り出していきます。