札幌トモエ幼稚園/共同養育

年長の娘と2歳の息子と「創造の森 札幌トモエ幼稚園」に、通っています。

私立の認可幼稚園でありながら、常に親も一緒に登園し一緒に時間を過ごすというのが、トモエの特徴です。共に遊び、共に学び、共に暮らす仲間として、現在私たちを含め80組以上の親子が在籍しています。

いわば「村」。常に顔を合わせているからこそ、子どもも親も安心して支え、支え合うことができる。子育て中の親の孤立が問題視される現代ですが、トモエ幼稚園は園長・木村仁氏により30年前に作られました。

開放的な園舎では、年齢の区切りなく常にさまざまな遊びが創造されています。

ビニールハウスの中の砂場ではいつも誰かが泥んこ。

北海道の自然に抱かれながら、園舎の内外で子どもたちは自由に遊び、それをたくさんの大人が見守っています。

 

そして、親が常にいるからこそ、私たち大人でも「あっ!」と驚くような、感動してつい涙してしまうような「本気の遊び」が繰り広げられるのはトモエ幼稚園ならではだと感じています。

 

何より「楽しい!」。子ども時代に忘れてきてしまった何かを取り戻す。大人にとってはそんな場所だとも感じています。

そんなトモエでの日々を綴っています。
詳しくはこちらから、ご覧ください。

札幌トモエ幼稚園:登園日誌

また、見学をしたいという方は、私たちを通しての見学も可能です。
こちらより、お気軽にご連絡ください。