札幌トモエ幼稚園:登園日誌

鳥になった記念日

大人の背丈より高い窓の桟から飛び降りる。トモエっ子にはお決まりの遊び。

慎重派の娘は、去年も一昨年も、一向に飛ぼうとしなかった。

登ってみては「ちかこわーい!おろしてー!」と何度抱いて降ろしたことか?

その度に母はヤキモキして「飛んじゃえばいいのに」「大丈夫よ、こわくないから!」と、度々余計なお世話をお見舞いしていたわけだけど、それでも娘は頑なに飛ばなかった。

だのに、そのときは突然訪れた。

今朝、仲の良い友達に連れ立って登ると、、、

 

ぽーーーーんっ!

 

視界の片隅、宙を舞う娘の姿に驚いて、目で追うのがやっとだった。

 

すかさず駆け寄ってきて

「ちかー!みてたー?」

彼女の中で何が起きたのだろう?

飛べない

飛べるかも?

飛べた!?

どんな心の変容があったのだろう?

「もちろーん!見てたよ!飛べたねーーー!」

「うんっ!」

一度飛んでしまったら、もう飛べなくなることはない。嬉しさのあまり、何度も何度も飛ぶ。

「みてー!とりになったきぶん!ゆめかとおもったよー!」

うん。

ちかも、幻かと思ったよ。

トモエ修行のご褒美はいつもこんな形で齎される。この瞬間に立ち会える幸せよ。

母はあなたをみて、超えられないと思っている壁を超える方法なんて、ハウツーじゃないんだなと思ったよ。タイミングとコンディション、奇跡の積み重ね。

おめでとう、鳥になった記念日

#札幌トモエ幼稚園

#親子で通う幼稚園

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です