コラム

もう役所で無駄に時間を使わない!正しい政治家の使い方

先日、ある保育園の園長から相談を受けて、現地に行ってきました。
話を聞くと、これは市役所案件だということがわかったので、地元の市議会議員に話をして現地に連れて行きました。
その市議はすぐにああ、この件は昔こういう経緯があって、それならこの部長に話をすれば早いだろうとルートをピピピとすぐに導き出してしまったのです。
さすが、市議会議員。
役人とうだうだやっているより断然早いし、解決ルートが見えてくるので気持ちもスッキリ。

 

役所の反応がイマイチ

困っているのに話を聞いてもらえない

たらい回しにされる

何度も言っているのに対応が遅い

などなど、役所が絡むとこういう思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

もちろん、うまく伝わっていなかったりタイミングが悪かったりすることもあるのですが、実は役所の人間も正しい解決ルートがわからずに手探りなことがあります。
会社などにお勤めしたことのある方はよくわかると思うのですが、内容不確かなままでいちいち上長にあげられないし、決済取るための資料作成だって大変。
他にも仕事あるのに、わざわざ大して評価されないことしたくないですよね。
なので、解決方法とそのルートを知っている議員さんに相談すると実は話が早いんです。

 

議員さんて忙しいでしょう?

こんな話で手を煩わせていいのかな?

直接連絡するなんて恐れ多い

 

と感じる方もいるようですが、全然いいんです。
遠慮せずに連絡しちゃって。
彼らは地元の住民の困りごとを解決して、住み良い街にすることが存在意義なのです。
むしろ地域の人との接点ができたことを喜ぶはずです。

 

それでも、気後してしまうとか、

どの議員に話したら良いかわからないという場合には、

下記までご連絡ください。
↓↓↓↓

info@tsugai.net

 

ご相談内容伺って、適切な方法または適当な方を繋ぎますゆえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です